ニュース検索

キーワードを入力して、ローデ・シュワルツのオンライン・ニュースを検索できます。

ローデ・シュワルツ NEWS マガジン各号、記事、プレスリリース、オンライン・ニュースアーカイブについては、ニュースおよびプレスのセクションをご利用ください。

結果 1 - 10 の 429 *

Did you find what you're looking for? If not, repeat the search on our International Website

  • ETS-Lindgrenが5G無線機テスト要件に対応した R&S CMX500を採用

    ETS-Lindgrenは、ターンキー5Gテストソリューションを顧客に提供するためにR&S CMX500無線通信テスタを採用しました。5月 17, 2019ETS-Lindgrenは、ターンキー5Gテストソリューションを顧客に提供するためにR&S CMX500無線通信テスタを採用しました。 R&S CMX500をETS-LindgrenのCTIA準拠のEMQuest™アンテナ測定ソフトウェアおよび規制準拠のTILE!™エミッションおよびイミュニティソフトウェアと組み合わせることで、包括的な5G OTAおよびEMC / EMIテスト機能が提供されます。R&S CMX500は、FDDとTDD双方において、FR1(sub 6 GHz)およびFR 2(mmW)、ノンスタンドアロン(NSA)、スタンドアロン(SA)を含むすべての5G NRモードをサポートします。 R&S CMX500は、セルラー(LTE

    ニュースおよびプレス
  • 最高67 GHzの周波数レンジを持つ R&S SMA100B RF/マイクロ波アナログ信号発生器登場

    R&S SMA100B RF/マイクロ波アナログ信号発生器は、67 GHzまで周波数レンジをカバーできるようになりました。.7月 04, 2019新しい周波数オプションにより、R&S SMA100Bは最高31.8 GHz、40 GHz、50 GHzおよび67 GHzの周波数レンジをカバーします。 マイクロ波アナログ信号発生器は、航空宇宙・防衛、無線通信、半導体に関連するアプリケーションをサポートします。 R&S SMA100Bは、さまざまなマイクロ波アプリケーションに対応する将来性のある投資であり、マイクロ波コンポーネント、デバイスおよびシステムの特性評価に最適な製品です。40 GHzモデルは全ての主要なレーダー帯域をカバーし、ハイスループットを実現する最新の衛星フィーダ回線に使用されるQ / V帯域をカバーするために、67 GHzモデルが用意されました。5Gモバイルネットワーク規格の導入開始時点

    ニュースおよびプレス
  • UAM Ingolstadt Networkのパートナーと共に アーバン・エア・モビリティ(UAM)の安全性とセキュリティを推進

    8月 07, 20192019年7月22日、ローデ・シュワルツは、ミュンヘン本社にて、UAM Ingolstadt Networkのパートナーやゲストを含む、150人以上の参加者と共に、スピーチ、パネルディスカッション、ブレークアウトセッション、ワークショップなどのイベントを行いました。数多くのネットワーキングとコラボレーションの機会が生まれ、イベントは成功を収めることができました。欧州委員会のスマートシティとコミュニティプログラムの一環であるUAM Ingolstadt Initiativeは、産業パートナー、科学研究者、認証機関、政府機関とインゴルシュタット市とのネットワークであり、大規模で密集した都市エリアや未来の大都市における、都市内や都市間のエア・モビリティの促進を目指しています 。急成長する都市環境におけるモビリティの課題に取り組み、人々やモノに対して持続可能な新しい交通手段の提供

    ニュースおよびプレス
  • 12月 04, 2017

    ニュースおよびプレス
  • 最もコンパクトで低コストの高品質オシロスコープ R&S RTC1000登場

    1月 17, 2018ローデ・シュワルツは、2018年1月17日に、新しいR&S RTC1000オシロスコープ・シリーズの発売を開始します。コンパクトなオシロスコープは、I2C、SPI、UART / RS-232、CAN、LINに対応した8チャネル・ロジック・アナライザ、4チャネル・パターン・ジェネレータ、およびプロトコル・アナライザ機能を搭載できます。デジタル電圧計、コンポーネントテスタ、スペクトラムアナライザ、カウンタ機能も提供します。この8種類の計測器を1台に搭載した8-in-1コンセプトにより、ユーザーはベンチスペースに占める設置面積を最小限に抑えながら、さまざまなアプリケーションに対応することができます。ローデ・シュワルツのT&M担当バイスプレジデントJoerg Friesは次のように述べています。「当社のエンジニアは、高品質かつ多彩な機能を搭載したコスト重視のオシロスコープを設計

    ニュースおよびプレス
  • 帯域幅4 GHzのパワーレール・プローブ R&S RT-ZPR40登場

    R&S RT-ZPR401月 23, 2018ローデ・シュワルツは、2018年1月23日に、4 GHz帯域幅のR&S RT-ZPR40パワーレール・プローブの発売を開始します。電源品質は、組込密度の高い電子回路の機能と性能を高めるための重要な要素です。 RFモジュールを内蔵した組込設計では、マイクロプロセッサ、高速メモリコンポーネント、そしてアナログ回路など、高感度電子部品の電源レールにRF信号が結合することで、デバイスの機能を損なうというリスクが存在します。新しいR&S RT-ZPR40は、このような問題を明らかにするためにSMAコネクタによる接続、または50 Ωピッグテール同軸接続により4 GHz帯域幅を提供します。このプローブは、4 GHzおよび6 GHzの帯域を持つ R&S RTO2000オシロスコープと組み合わせた使用に最適です。この組み合わせにより、ユーザーはオシロスコープの強力

    ニュースおよびプレス
  • eCallモジュールの性能を検証できるGNSSパフォーマンステスト・ソリューション登場

    R&S SMBV100A ベクトル信号発生器と自動化テスト・ソリューションは、eCallモジュールに装備されるGNSS受信機へ、標準に準拠した完全自動化された性能テストを提供します。2月 15, 2018ERA-GLONASSがロシアおよびユーラシア関税同盟に必須となってからおよそ1年、2018年4月1日現在、欧州では、eCall の装備が必要となります。eCall または ERA-GLONASSモジュールを車に装備するには、事前に認定を受ける必要があります。認定には、適用可能な標準に準拠した一連の適合性および性能テストが必要となります。eCallモジュールに統合されたGNSS受信機は、通常、GPS、ガリレオ、衛星ベースの増強システム(SBAS)からの信号を評価して車両の位置を決定します。緊急時にモジュールは自動的に最も近い緊急コールセンターに電話をかけ、車両位置データおよび他の情報を、セルラリンク

    ニュースおよびプレス
  • ハイパフォーマンス・オシロスコープ発売開始 驚異のシグナルインテグリティ、測定速度、そして高機能を実現

    R&S RTP6月 27, 2018100万回/秒の超高速波形更新レート、信号源とオシロスコープ間の伝送損失をリアルタイムに補完するディエンベディング機能、そしてフルロード時でも静音動作を実現したハイパフォーマンス・オシロスコープ R&S RTPは、さまざまな利点を備えています。ハイパフォーマンス・オシロスコープR&S RTP ファミリー最新のハイパフォーマンス・オシロスコープ R&S RTPは、クラス最速の波形更新レートと、優れたシグナルインテグリティを両立しています。標準の波形更新レートでも100万回/秒となり、これは同クラスの他のオシロスコープの1000倍以上となっています。これにより、散発的なエラーをより迅速に捕捉することが可能となります。 R&S RTPは信号源とオシロスコープ間の伝送損失をリアルタイムにディエンベディングできる、業界で唯一のオシロスコープです。さらに、信号補正が有効

    ニュースおよびプレス
  • R&S AREG100A車載用レーダーエコー発信器の発売開始 車載レーダーセンサーの製造試験に最適

    R&S AREG100A車載用レーダーエコー発信器8月 08, 2018R&S AREG100A車載用レーダーエコー発信器R&S AREG100A車載用レーダーエコー発信器は、24 GHz ISM帯域と77 GHzまたは79 GHzのEバンドのレーダーセンサーを確実にテストします。固定距離で4つまでの対象物のエコーをシミュレートします。ユーザーが設定可能なドップラオフセットを任意に適用して、オブジェクトの動きをシミュレートすることができます。顧客は注文時に希望の固定距離を指定することができます。 R&S AREG100Aは、先進的な長距離および短距離レーダーのテスト用に、将来的に有効なソリューションです。 Eバンドで最大4 GHzの帯域幅をサポートし、フロントエンドとDUT間の距離が80 cmの場合、最小距離4 mでオブジェクトをシミュレートできます。こうしたアプローチにより、Rohde &

    ニュースおよびプレス
  • ハイエンド・ベクトル・ネットワーク・アナライザ発売開始 優れたRF性能と独自の操作コンセプトを搭載

    優れたRF性能と独自の操作コンセプトを搭載した R&S ZNA ハイエンド・ベクトル・ネットワーク・アナライザ1月 16, 2019最新の R&S ZNAは、アクティブデバイスとパッシブデバイスを評価するためのパワフルでユニバーサルなテストプラットフォームです。 R&S ZNA26(10 MHz〜26.5 GHz)とR&S ZNA43(10 MHz〜43.5 GHz)は、146 dB(標準)の優れたダイナミックレンジと、1 kHzのIF帯域幅で0.001 dBという驚くべき低いトレースノイズを提供します。これら2つの機能は、ハイリジェクションフィルタの測定に不可欠です。独自のハードウェアコンセプトにより、R&S ZNAはRFとIFのミキサ測定を並行して行えるため、従来と比較して2倍の測定速度を実現します。アンプの特性評価は、100 dBのパワー掃引範囲、各テストポートに搭載されたパルス発生器

    ニュースおよびプレス
結果 1 - 10 の 429
前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

Download

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。

会社名を入力してください。

国名を入力してください。

マーケティング・パーミッション
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha

入力内容が正しくありません。
International Website