CATV / DOCSIS

CATV / DOCSIS

DOCSIS 3.1ケーブルモデム、CMTS、ネットワークアンプ、およびコンポーネントの包括的な試験

DOCSIS®3.1規格は、ケーブル通信プロバイダーの2つの主要なニーズに対応するために策定されました。そのニーズとは、高速データスループットにより、高速データレートのアプリケーションに対するコンシューマーの要求を満たし、さまざまなアプリケーションをサポートするための柔軟性に対応することです。これに加えて、DOCSIS 3.1は以前のDOCSIS世代と並行して動作する必要があります。

電子計測ソリューション

  • ケーブルモデム
  • CATVアンプ、レーザー、およびケーブル・ネットワーク・コンポーネント
  • ケーブルモデム終端システム(CMTS)
ケーブルモデムのための電子計測ソリューション

ケーブルモデムのための電子計測ソリューション

最大96 MHzのチャネル帯域幅のCMアップストリームチャネル上の正確な測定

現在のケーブルモデム(CM)は、最新のDOCSIS技術を用いて、DOCSIS 3.0信号とDOCSIS 3.1信号の両方に対応する必要があります。特に、DOCSIS 3.1ではOFDMを用いて192 MHz帯域幅チャネルを利用し、デバイスに対して高いデータスループットを提供します。

  • DOCSIS 3.1 CM PHY試験
  • DOCSIS 3.0 CM PHY試験
ケーブル・ネットワーク・アンプ、DFBレーザー、CATVコンポーネントのための電子計測ソリューション

ケーブル・ネットワーク・アンプ、DFBレーザー、CATVコンポーネントのための電子計測ソリューション

ケーブルアンプ、アナログ/デジタルレーザー、およびRF CATV TVコンポーネント試験のための全チャネル負荷条件

DOCSIS 3.1の追加によって、動作周波数は最初に1.2 GHz、次に1.8 GHzに拡張されます。現在のDOCSISのインフラでは、これらの周波数拡張をサポートできない場合があります。そのため、これらのコンポーネントを試験する必要があります。

  • CATVアンプ試験
  • BER測定試験
CMTSのための電子計測ソリューション

CMTSのための電子計測ソリューション

ケーブルモデム終端システム(CMTS)

現在のCMTSは、最新のDOCSIS仕様を用いて、DOCSIS 3.0信号とDOCSIS 3.1信号の両方に対応する必要があります。例えば、DOCSIS 3.1はOFDM変調と16 kQAMの高さの配置を用いて、192 MHz帯域幅チャネルを利用します。変調誤差比(MER)は50 dBを超えていなければならないため、CMTSではこれが課題になる場合があります。ローデ・シュワルツの信号発生器およびアナライザは、以下の機能を提供してこの課題に対処しています。

  • DOCSIS 3.1 CMTS PHY試験
  • DOCSIS 3.0 CMTS PHY試験
  • 複数のケーブルモデムからのデータトラフィックのエミュレーション
  • 進入および減損のシミュレーション
DOCSIS 3.0およびDOCSIS 3.1の関連製品
R&S®CLGD DOCSISマルチチャネル信号発生器

R&S®CLGDは、全チャネルに負荷をかけたケーブルTVネットワークをシミュレートするためのマルチチャネル信号発生器です。デジタル/アナログTVチャネルに加えて、DOCSIS 3.1のための広帯域データ信号を生成します。

商品情報

R&S–FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ

ダウンストリームおよびアップストリームの試験のための最先端のシグナル・スペクトラム・アナライザR&S®FSWとソフトウェアオプションR&S®FSW-K192/K193を用いて、DOCSIS 3.1用のネットワークとコンポーネントの性能を検証します。

商品情報

R&S®SFD DOCSIS® 信号発生器

DOCSIS®3.1規格は、ケーブルTVネットワークのトレンドを全IPに推進します。

商品情報

R&S®DSA DOCSISシグナル・アナライザ

R&S®DSAにより、精密かつギャップのないDOCSIS 3.0/EuroDOCSIS 3.0/DOCSIS 3.1信号解析を物理層でリアルタイムに実行できます。

商品情報

CATVの関連製品
R&S®ETL TVアナライザ

R&S®ETL TVアナライザは一体型です。R&S®ETLは、TVおよびFM(無線)シグナル・アナライザ、ビデオおよびMPEG TSアナライザ、スペクトラム・アナライザの機能をワンボックスに集約しています。

商品情報

R&S®BTC ブロードキャスト・テスト・センタ

R&S®BTC ブロードキャスト・テスト・センタは、音声、ビデオ、マルチメディア・アプリケーションの解析機能と自動テストを備えたリファレンス信号発生器です。

商品情報

注目情報

組み込み電源の安全なデバッグ

詳しくは

PCB上の高速デジタル回線の試験

詳しくは

R&S®RTO / R&S®RTEを用いたEMI問題の解析

詳しくは

ヒストリー機能と460 Mサンプルメモリによる、低頻度エラーの迅速な解析

詳しくは

補足情報

ニュース

詳しくは

展示会およびイベント

詳しくは

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.