無線共存テスト

無線共存テスト

複数のRFテクノロジーの動作の互換性を確保

今日の無線機器では、1つのプラットフォームで複数のテクノロジーが使用されています。信号の数、各信号の帯域幅、重なり合うバンドがいずれも増加したことで、干渉がない周波数の利用はますます困難になっています。干渉を最小化して正しい動作を実現するには、共存規制に対応したRFデバイスが必要です。

ローデ・シュワルツは、ほぼすべての無線RFテクノロジー向けの測定ソリューションを提供しているため、ライセンスバンドのモバイル無線テクノロジー、非セルラーテクノロジー(Wi-Fi Zigbee、Bluetooth Bluetooth®など)、その他の無線パーソナル・エリア・ネットワーク(Sigfox、LoRaなど)、免許不要のモバイル無線、レーダー、GNSS、衛星テレビ/ラジオといった信号の間の無線共存テスト方法を正しく実装するために必要な専門知識を有しています。

詳細については、お問い合わせください。

Wireless coexistence testing based on IoT device application use cases

White paper

Wireless coexistence testing based on IoT device application use cases

Register for the whitepaper and get a valuable description of the current and future IoT product landscape and the current regulatory compliance standards that determine the market placement of these devices.

複合デバイスの性能とデバイス内共存のテスト

無線共存テストによりユーザー体感を改善

テクノロジーにかかわらず、無線共存テストは、複雑な電磁環境内での受信システムの性能を最大化することが目的です。一般的に、性能品質は、パケット・エラー・レート(PER)、ビット・エラー・レート(BER)、ブロック・エラー・レート(BLER)、データスループットといったデータリンクの物理層パラメータによって定義されます。

システム全体の性能を評価するには、物理層だけでなく、音声/ビデオ品質などのアプリケーション層の性能指標も考慮する必要があります。例えば、隣接チャネル干渉によって生じるレシーバーの感度低下やブロッキングは、システム性能とユーザー体感の悪化につながる一般的な問題です。無線共存テストは、レシーバーが動作する環境と類似した電磁環境内で実行され、デザインの脆弱性を発見する役割を果たします。

従来、規制の導入はきわめて場当たり的であり、主に免許不要周波数バンドを共有するデバイスや、相互にほとんど無関係の用途を持つデバイスの間の共存の問題を解決することが目的でした。最近では、共存の問題の増加により、国内レベルでも国際レベルでも、無線共存規制の整合化の動きが高まっています。

欧州無線エミッション指令RED 2014/53/EU(RED)では、デジタルテレビ/ラジオ放送レシーバー、携帯電話機、衛星レシーバー、およびWi-Fi、Bluetooth®、またはZigBeeを使用するすべての機器を含むトランスミッターとレシーバーの最小性能要件が定められています。もう1つの例としては、無線医療機器の無線共存評価に関する米国国家規格ANSI C63.27が挙げられます。

ローデ・シュワルツは、上記の規制に加えて、規格がまだ定義されていない無線方式の組み合わせに対するカスタムテスト方法も実装しています。これにより、ローデ・シュワルツの EMCテスト機器 でテストされたデバイスが、該当する共存規制を充たすことを確認できます。

関連アプリケーション

eGuide: Getting started with wireless coexistence testing

Getting started with wireless coexistence testing

Get with our eGuide a valuable piece for your Wireless Coexistence testing challenges. Register now and get the eGuide as a practical download or a hardcopy version via mail.

More information

Cバンドでの5Gと衛星サービスの共存

Cバンドでの5Gと衛星サービスの共存

米国と欧州では、Cバンド下部を5Gアプリケーション用に開放するための周波数割り当て計画が議論されています。

詳しくは

ブロッキングテストによるRFデバイスの性能の検証

ブロッキングテストによるRFデバイスの性能の検証

無線機器の高密度化が進む中、干渉信号の存在がWi-Fiモジュールにとって大きな課題となっています。

詳しくは

GNSSレシーバーの共存テストと干渉テストを簡素化

GNSSレシーバーの共存テストと干渉テストを簡素化

GNSSシミュレータでは、さまざまな干渉源やジャマーを使用してレシーバーデザインを簡単にテストすることができます。

詳しくは

マルチスタンダードデバイス内伝導共存テスト

マルチスタンダードデバイス内伝導共存テスト

車載用インフォテイメントのテスト

詳しくは

デバイス内共存テスト

デバイス内共存テスト

デバイス内共存を測定することにより、強い干渉信号が存在する場合のRX感度の低下を判定できます。

詳しくは

コネクテッドホーム・エレクトロニクス製品のパフォーマンス確保

コネクテッドホーム・エレクトロニクス製品のパフォーマンス確保

実環境での高いサービス品質を保証するための無線共存テスト。

今すぐダウンロード

特集コンテンツ

ウェビナー:OTA患者モニタリングシステムで、無線共存テストが人命救助につながる

詳しくは

Webinar: For OTA medical patient monitoring systems, wireless coexistence can be lifesaving

ウェビナー:OTA患者モニタリングシステムで、無線共存テストが人命救助につながる

詳しくは

Webinar: Living with the IoT neighbors: Demonstrating wireless coexistence testing - Teaser

ウェビナー:Living with the IoT neighbors(隣接するIoTとの共存)無線共存テストを実演します。

詳しくは

RED対応準備

RED対応準備

詳しくは

無料ポスター - 無線通信規格

ポスター:無線通信規格

ダウンロード中

Webinar Teaser: Exploring optimal test plans for wireless coexistence technologies

ウェビナー:無線共存テクノロジー向けの最適なテストプランの検討

詳しくは

関連情報およびサービス

EMCシステムソリューション

EMCシステムソリューション

ローデ・シュワルツは、特定のニーズに合わせたターンキーEMCテストシステムを、現在のEMC規格に完全に準拠した形で提供します。

詳しくは

ローデ・シュワルツのテクノロジーアカデミー

ローデ・シュワルツのテクノロジーアカデミー

さまざまな技術トレーニングコースを通じて、最新の技術的スキルと知識を提供します。

詳しくは

サービス

サービス

製品ライフサイクルのすべてのフェーズを通してお客様をサポートするため、広範なサービスポートフォリオの提供とその継続的な拡充に努めています。

詳しくは

ニュースレターの購読

ニュースレターを購読する

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

私は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよび本ウェブサイトのインプリントに記載されているローデ・シュワルツの事業体または子会社から、電子メールまたは郵便でマーケティングまたは広告情報(特別キャンペーンや値引きに関する情報など)を受け取ることを希望します。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、プライバシーステートメントおよびマーケティングパーミッション(事前許諾)に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.