航空交通の安全性

さまざまな分野での活躍

航空交通の安全性:責任を負うこと

空を飛ぶことは、誰もが望む希望の1つです。飛行機に乗ればどこにでもすぐに行くことができ、しかも安全です。ローデ・シュワルツの従業員は、そのことが現在も将来も変わらないことを保証するために働いています。

バス、列車、自動車など、どんな交通手段を取り上げても、飛行機より安全なものは1つもありません。そのことはさまざまな統計によって実証されています。その理由は何でしょうか。航空運送の安全性には、さまざまな要因が寄与しています。空港でのセキュリティーチェック、関係者間の通信、航空交通管制官による航空機の誘導などです。ローデ・シュワルツのソリューションは、これらすべての分野の最前線で用いられています。

航空交通の安全性 - きわめて重要なテーマ

ミュンヘンにあるローデ・シュワルツの本社で、Jörg Kilpertとそのチームは、航空機および国家航空交通管制(ATC)組織が使用する通信システムの設計に携わっています。「われわれの仕事は、航空交通管制官が、パイロットや他の管制官と、どんなときでも常に通信できるようにすることです」とシステムデザイナーは語ります。「これはわれわれにとってきわめて重い責任です。音声は現在でも航空交通管制官にとって最も重要な通信手段だからです。管制官がパイロットと通信できなくなると、その航空機を安全に誘導することができなくなり、問題の空域をクリアにする必要があります」。セキュア通信担当マネージャーのBert Janssenは、次のように付け加えます。「通信システムは安全にとって非常に重要であり、最高の品質要件を満たすことが求められます。したがって、われわれが納品するシステムは、最高レベルの可用性とフェールセーフ性を持つことが重要です。当社のシステムは、ドイツのDFS Deutsche Flugsicherungや英国のNational Air Traffic Servicesといったお客様の毎日の業務を支えているのです」。

ローデ・シュワルツの従業員は、業界内で信頼できるエキスパートとして認められています。特に評価されているのがその視野の広さです。航空会社、空港、航空安全性規制機関の将来の要件への対応も、お客様の最優先事項の1つだからです。「われわれは、関連する標準化団体やさまざまな調査/作業グループに参加しており、パートナーと協力して新しいテクノロジーをテストしています」とJörg Kilpertは語ります。

航空交通の安全性
航空交通の安全性

航空運用の増加する課題

現在、航空機の年間乗客数は40億人を超えています。これだけの人数を全員安全に輸送することは、航空交通管制官や航空会社にとって非常に重大な課題です。さらに、航空交通は今後さらに大幅に増加すると予想されており、今後20年以内に乗客数は80億人前後まで増加する見込みです。

「無線通信、テクノロジー、自動化の継続的な進歩に対応して、新しい安全規格の策定や新しい製品の開発が必要になります」と語るのは、タイスナッハにあるローデ・シュワルツ工場で航空機用無線通信部門のサービス・デリバリ・エキスパートを務めるAmelie Hopfです。特に安全性に関しては、航空輸送業界はテクノロジーのさらなる効率化という課題を抱えています。この課題に最善の方法で応えることが、ブカレストにあるRohde & Schwarz Topexで最高技術責任者を務めるDumitru Bicaとそのチームの役割の1つです。このチームが開発しているのは、ミュンヘンで設計された航空無線通信システム用の音声通信システムなどです。「航空交通管制官とのコミュニケーションはきわめて重要であり、プロジェクトのなるべく早い段階で管制官と協力して、そのニーズを理解し、管制官が望む機能を実現しようと努めています。システムが完成したら、日常業務でのシステム使用のすべてのシナリオを対象とするユーザー・トレーニング・プログラムを実施します」。

Dumitru Bica、Amelie Hopf、Jörg Kilpert、Bert Janssenは、それぞれの分野の真のエキスパートです。しかもその上に、現在でも新しいものを生み出そうとし、知識の範囲を拡げようとする努力を怠っていません。その姿勢が、未来形成に役立つのです。

航空の安全性
航空の安全性

地上と空中での安全性のさらなる向上

ローデ・シュワルツでは、人間とテクノロジーの間に緊密な連携が存在します。航空業界のあらゆる要望に応えるという目標に向けて、全員が努力を集中しています。Amelie Hopfが挙げている多くの重要な例の1つに、R&S®QPS セキュリティースキャナーがあります。この製品は、多くの国際空港で採用されています。Amelieによれば、無人航空機の問題に対処するため、新しい安全対策がすでに必要とされており、その重要性は将来ますます高まる見込みです。「R&S®ARDRONISソリューションは、リモート制御ドローンから航空運用の安全性を守るための最初の一歩です」。Jörg Kilpertもその予想に同意しており、次のように語ります。「今後5年から10年の間に、興味深い変化が次々と起こるはずです。第1に、航空交通は着実に成長します。さらに、ドローンや航空タクシーの普及により、航空機の数はますます増加し、何らかの方法での制御と調整が必要になります」。

現在まさに進行中なのが、アナログ音声トラフィックから、VoIPすなわちIPベースの音声伝送への移行です。「ネットワークテクノロジーの分野では、セキュリティーに関するイノベーションにより、ネットワークの品質が向上し、障害を回避できるようになるでしょう」とBert Janssenは予想します。「デジタル化の進行に伴い、ネットワークセキュリティー分野でイノベーションが生じ、第三者の不正な侵入を防げるようになるはずです」。さまざまな先進的ソリューションからわかるのは、ローデ・シュワルツの従業員が単にこのトレンドを支えるだけでなく、トレンド自体を作り出しているということです。「当社は2008年に最初のIP VCSを実現し、2015年に最初の仮想センターを実現し、IPネットワークでの音声用の最良信号選択に関するソリューションを見つけました」とDumitru Bicaは語ります。「この分野で、当社は最も革新的な企業の1つだと思います」。

航空運用
航空運用

責任を負うこと

Joerg Kilpert
システムエンジニアリング/テクノロジー担当ディレクター、Jörg Kilpert

私は、航空交通管制ビジネスユニットのシステムエンジニアリング/テクノロジーATC担当ディレクターとして、チームとともに、航空路管制センターや空港タワーの管制官用ワークステーションからアンテナまでの通信インフラ全体の設計を担当しています。

ローデ・シュワルツのよいところはたくさんあります。真に革新的なものを作れるところ、作業の結果が最後に見えるところ、それに対する責任を負えるところなどです。ここで働く人々はきわめてモチベーションが高く、世界中のどの拠点でも全員が共通の目標に向かって働いています。自分の力を試し、物事を動かして、未来に向かって進めることができます。

Bert Janssen
プリンシパル・プロジェクト・マネージャー、Bert Janssen

私の職種は正確に言うと「プリンシパル・プロジェクト・マネージャー」ですが、「全責任を持つプロジェクトマネージャー」と言い換えることができます。私の責任は、システムの出荷時に、コスト、日程、品質、顧客満足度のすべての要件が満たされるようにすることです。

私はお客様に対する窓口として会社の理念を体現し、当社の原則を遵守してそれに従って行動する責任を負っています。私の考えでは、ローデ・シュワルツは社会的責任感の強い会社であり、従業員を大切にしている点が、人材を使い捨てにしがちな他の企業との明白な違いだと思います。

Amelie Hopf
サービス・デリバリ・エキスパート、Amelie Hopf

サービス・デリバリ・エキスパートである私の責任は、お客さまとの間のサービスレベル契約で定められたサービスを保証することです。お客様やローデ・シュワルツの利害関係者と常に連絡を取り、協力しながら、システム性能とサービスを監視してレビューし、必要な場合には修正措置を執ります。

その目的は、お客様にとって最良のシステムエクスペリエンスを実現することです。国際的な環境なので、仕事の内容はきわめて多彩で興味深いものです。職歴の浅い人でも、責任を担い、自分に課題を課し、それによって短期間で多くのことを学ぶことができます。

Dumitro Bica
最高技術責任者、Dumitro Bica

私の職種は最高技術責任者であり、実際にRohde & Schwarz Topexの技術的発展の指揮を執っています。当社は音声スイッチを開発しており、ミュンヘンの同僚と協力して、航空交通管制官用のマイクロフォンから無線局アンテナまでの包括的な航空通信ソリューションを提供しています。

Rohde & Schwarz Topexでの仕事の特徴は、自分が大きな家族の一員のように感じられるところと、技術的観点から興味深い製品を開発できることです。その多くはATCの分野で初めての製品なのです」。

関連リンク