R&S®SMW-K76 Multiple Entities

Application examples

The R&S®SMW-K76 Multiple Entities option turns the R&S®SMW200A into a versatile eight channel (baseband) signal generator. Furthermore, the RF section of the instrument can flexibly be extended via additional R&S®SGT100A or R&S®SGS100A/R&S®SGU100A instruments.

This makes the R&S®SMW200A ideal for all applications where multiple signals or carriers are required to be generated at the same time such as Multi-Standard-Radio, interference scenarios, LTE carrier aggregation, multi-cell or multi-emitter radar simulation as well as phase coherent beam forming.

The system configuration dialog of the R&S®SMW200A GUI allows a flexible setup of the instrument. By selecting the desired configuration the vector signal generator can easily be adapted to the task at hand.

Coexistence / Multi-Standard Radio / Interference tests (8x1x1 configuration)

The R&S®SMW-K76 option allows simultaneous playback of up to eight different ARB waveforms from one R&S®SMW200A. All eight baseband signals can individually be faded (with 4x R&S®SMW-B14 options). Also AWGN (2x R&S®SMW-K62 option) can be added if needed. All eight signals can be added up in realtime with individual frequency, level and phase offsets. By that it is very easy to generate multi-carrier signals for interference simulation or multi-standard radio tests.

Changing a single parameter of one carrier is independently possible from the other carriers. Time-consuming recalculation of a big multi-carrier waveform is avoided.

Parallelized testing for reduction of test time (8x1x1 configuration)

Multi-carrier waveforms can only be used to generate signals with a limited spacing between the carriers, especially if a certain sequence length for each carrier is required. With the R&S®SMW-K76 each of the eight baseband signals in the R&S®SMW200A is generated with its own sequence length and – if desired – with non-truncated PN sequence. Due to real-time addition and routing of the signals inside the R&S®SMW200A the constraint of having one common multi-carrier waveform does no longer exist. This is the pre-requisite for simultaneous throughput analysis for multiple carriers by a receiver. By that the R&S®SMW-K76 allows new and more time-efficient test concepts.

Beam forming (4x1x1 configuration)

A combination of one dual-path R&S®SMW200A and six R&S®SGT100A with phase coherence option (R&S®SMW-B90/R&S®SGT-K90) allows generation of eight phase coherent RF signals up to 6 GHz. With R&S®SMW-K76 the R&S®SMW200A is able to generate all eight time-synchronized baseband signals with individual phase and level offsets for each baseband signal. This simplifies time-alignment and RF phase calibration.

By means of R&S®SGS100A and R&S®SGU100A phase coherency setups for microwave frequencies (e.g. up to 40 GHz) can also be realized.

LTE-A carrier aggregation (5 carriers), intra-band (5x1x1 configuration)

LTE-Advanced defines that up to 5 carriers can be aggregated in downlink direction. By means of the R&S®SMW-K76 option the R&S®SMW200A is able to generate all 5 component carrier signals from a single instrument. The baseband configuration is conveniently done via a common LTE signal generation dialog. All carriers can be individually configured. Cross-carrier scheduling is also supported. If desired, frequency correct real-time channel simulation can be added for each individual carrier.

For intra-band scenarios all 5 carriers are added up with frequency offsets/level offsets and output via a common RF path of the R&S®SMW200A.

LTE-A carrier aggregation (5 carriers), inter-band (5x1x1 configuration)

LTE-Advanced defines that up to 5 carriers can be aggregated in downlink direction. By means of the R&S®SMW-K76 option the R&S®SMW200A is able to generate all 5 component carrier signals from a single instrument. The baseband configuration is conveniently done via a common LTE signal generation dialog. All carriers can be individually configured. Cross-carrier scheduling is also supported. If desired, frequency correct real-time channel simulation can be added for each individual carrier.

For inter-band scenarios the carrier frequencies are often spaced far apart so that a separate RF synthesizer is needed for each LTE band that has to be covered. The R&S®SMW200A features up two internal RF synthesizers. I.e. carrier aggregation scenarios with two LTE bands can be covered by a single R&S®SMW200A. More bands can be covered by adding additional R&S®SGT100A vector RF sources to the setup. If required, every component carrier can be placed in a separate frequency band.

LTE-A carrier aggregation (4 carriers) with 2x2 MIMO (4x2x2 configuration)

For increased throughput, LTE-Advanced defines to combine carrier aggregation with MIMO. By means of the R&S®SMW-K76 Multiple Entities option and the MIMO channel simulation capabilities of the R&S®SMW200A, the user is able to generate advanced LTE test scenarios with a single instrument. The example below shows a R&S®SMW200A system configuration with 4 component carriers, each with 2x2 MIMO.

LTE-A feICIC, 3 cells (3x2x2 configuration)

LTE-Advanced Release 11 defines methods for interference coordination between multiple LTE cells. This LTE features is named “further enhanced Inter-Cell Interference Coordination (=feICIC)”. The test case in line with 3GPP TS 36.521 requires simultaneous simulation of three cells with 2x2 TX diversity. By means of the R&S®SMW200A the required serving cell as well as the two interfering aggressor cells can be simulated by a single instrument.

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

デモを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

見積りを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。
電話番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせ

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
International Website