Vehicle-to-Everything
Vehicle-to-Everything

Vehicle-to-Everything

V2X、V2V、V2I通信用の信頼性の高い自動テストソリューション

ここ数年、自動車メーカーと政府機関は、車道での安全性を向上させ、交通の流れを効率的に管理する方法を模索してきました。無線通信システムが高度化し、自動車の相互通信(V2V)と路側機との通信(V2I)のビジョンが現実化しつつあります。これらのV2X(Vehicle-to-Everything)通信用に計画された車載用無線通信システムは、高度交通システム(ITS)と総称されます。ソリューションの最初の波はIEEE 802.11pテクノロジーをベースとしていましたが、LTEをベースとするC-V2Xソリューションが登場しており、今後5Gの果たす役割についての議論も始まっています。

レーダーセンサ、カメラ、タコメータなどの定評のある車載センサはすでに、周辺環境までの距離や速度に関する情報を提供しています。しかし、車両からすべてのものへの情報の共有により、重大な交通状況や衝突の発生がわかれば、運転者や自動車は、事故を回避したり、交通の流れを良くするための対策をいち早くとれるようになります。

課題

車車間(V2V)通信システムの情報の処理能力を最大限に高めるためには、安定した無線リンクが必要で、これによりドライバーの安全性が向上します。安定した無線リンクを確保するためには、レシーバーは、S/N比(SNR)が低い、エラーベクトル振幅(EVM)が悪化している、フェージングが激しいなどの最悪の条件でも、信号を検出できなければなりません。こうした条件をラボで再現するには、V2X信号、求められるフェージング条件、高精度の位置決め用の衛星信号を作成/解析可能な、高性能のテスト機器が必要です。

弊社のソリューションの利点

  • 革新的:市場で初のC-V2Xソリューション
  • 高精度:クラス最高のRF性能
  • 柔軟:設定が簡単なシナリオ

詳細については、カタログ『Driving tomorrow's mobility』を参照してください。

関連製品

補足情報

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

Leider ist bei der Übermittlung der Daten ein Fehler aufgetreten. Bitte versuchen Sie es zu einem späteren Zeitpunkt erneut.

Ihr Rohde & Schwarz-Team