発振器、クロック、PLL

発振器は、アナログデザインにもデジタルデザインにも使用されます。発振器は、デジタルデザインまたは局部発振器(LO)で、アップコンバートまたはダウンコンバートによって目標のRF周波数を実現する際の、クロックとして機能します。

発振器には、水晶振動子シンセサイザをベースとするPLLデザインからDDS技術まで、各種のトポロジーがあります。いずれの場合も、出力信号の特性評価とテストを実施し、デバイスまたはモジュールがデザイン仕様のクロック精度、信号純度、安定度を満たすことを確認する必要があります。

ローデ・シュワルツでは、オシロスコープ、スペクトラム・アナライザ、位相雑音アナライザ、VCOテスタを使用して発振器をテストするソリューションを提供しています。

電子計測ソリューション

高速デジタルデザインにおけるクロックの真のジッタ性能の検証

高速デジタルデザインのデータレートが増加し、システム全体のジッタのリミットは厳しくなる一方です。

詳細情報はこちら


高速デジタルデザインのPLLの相加性位相雑音とジッタ減衰量の確認

高速デジタルデザインや無線通信でデータレートを上げるには、相加性位相雑音が低く、ジッタ減衰量の大きいSerDes PLLおよびクロック・シンセサイザが必要です。最新のデザインは、通常、2ステージアーキテクチャーに従い、ジッタ・アッテネータ・ステージと周波数シンセサイザーステージで構成されています。位相雑音感度が高いため、これらのテストには位相雑音アナライザが測定器として最適です。PLLへの信号印加には、超低位相雑音の追加信号源が必要となります。

詳細情報はこちら


1 MHz~50 GHzをカバーする、相互相関法を使用したダイレクトダウンコンバージョン方式の位相雑音アナライザ

新しい位相雑音測定器は、ダイレクトダウンコンバージョン方式のアナログI/Qミキサーとベースバンド信号サンプリングを使用して周波数レンジ1 MHz~50 GHzをカバーします。位相検出と周波数トラッキングのために、従来のPLLに代わってデジタルFM復調器を使用します。また、追加のAM復調器により、位相雑音と振幅雑音を同時に測定することができます。

詳細情報はこちら


クロックソースの検証

クリアーなクロック信号は、どのアナログ/デジタル回路設計の性能にとっても重要です。高速かつ高精度のジッタ性能測定(R&S®FSWP 位相雑音アナライザを使用)を利用してクロック信号を検証する方法について説明します。

詳細情報はこちら


タイムドメインと周波数ドメインのジッタ測定の比較

データ伝送システムの信頼性を解析する際に、ジッタは重要な指標です。高速と低速の移動アーティファクトを区別するには、タイムドメイン用と周波数ドメイン用の両方のジッタ測定器を使用することが推奨されます。

詳細情報はこちら


理想的なクロックソースが必要な場合

今日のデジタルデザインと高速データコンバーターには、ジッタが最小のクリーンなクロックが必要です。最新のデジタルデザインおよびデータコンバーターは、適用されるクロックソースの許容範囲でしか機能できません。最先端のクロックソースを使用して最適な性能を実現する方法について説明します。

詳細情報はこちら

関連製品グループ

シグナル・スペクトラム・アナライザ

性能、機能、使いやすさの基準になっている、各種ローデ・シュワルツのシグナル・スペクトラム・アナライザから選択できます。

製品

オシロスコープ

時間領域、ミックスドシグナル、シリアルバス、周波数の解析における使いやすさと優れた機能を備えた強力なローデ・シュワルツのオシロスコープを選択できます。

製品

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: RF/マイクロ波コンポーネント

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
International Website