CMX500 - Mediacenter

Testing 5G WLAN offloading with Voice over WLAN in a single box

Discover how the R&S CMX500 is able to test seamless traffic offloading and interworking between cellular 5G and non-cellular WLAN with a single box solution

Mar 12, 2024

Testing 5G XR applications

Mar 12, 2024

Wi-Fi 7 testing in R&D

Learn how to test the non-cellular interface up to the latest Wi-Fi 7 standard in addition to the cellular 4G and 5G interfaces of a device.

Mar 12, 2024

Power consumption testing for smartphone energy labeling

Learn about the R&S CMX500 radio communication tester that supports end-to-end testing of all signaling use cases and SmartViser’s viSer test automation application.

Mar 12, 2024

Testing NR-NTN devices

Learn about user-friendly protocol testing and RF measurements to ensure optimal performance of your NR-NTN device.

Mar 12, 2024

Testing extended reality (XR) based applications over 5G

This demo of the R&S®CMX500 shows how you can address XR application testing challenges.

Feb 21, 2024

Explainer video: Automotive 5G voice quality testing from Rohde & Schwarz and HEAD acoustics

A seamless 5G voice experience inside vehicles is something we all expect but how do car manufacturers ensure their customers experience optimum voice quality? This video shows how the easy to use system developed by HEAD acoustics and Rohde & Schwarz can conduct standards-compliant tests and enable 4G and 5G voice quality to be optimized.

Oct 10, 2023

5G extended reality application testing

The R&S®CMX500 radio communication tester is suitable for all signaling use cases through all stages of 5G device production. It includes a comprehensive feature set for application testing, which forms the basis for Extended Reality (XR) testing.

Mar 02, 2023

5G high throughput band combination testing with power consumption tests

With thousands of MRDC and NR band combinations supported by 5G devices, testing maximum throughput with various band combinations can be an immensely important verification topic. In addition, 3GPP introduced many power saving features in Release 16, which are going to be adopted in real networks and 5G mobile devices making verification of their impact on the power consumption necessary.

Mar 02, 2023

3GPP 5G Release 17 RedCap device testing

The R&S CMX500 OBT lite radio communication tester comes with a streamlined configuration that perfectly serves the need for customers testing RedCap devices in R&D and type approval.

Mar 02, 2023

3GPP Release 17 NB-NTN (non-terrestrial networks) device testing

Mar 02, 2023

5G RedCap

Feb 23, 2023

5G NRキャリア受け入れテスト

適合認定は、モバイルデバイスを市場に出すための最も重要な段階の1つです。5G NRの導入により、サポートされる帯域の組み合わせ、配備の選択肢、そして進化している規格の数が膨大なことから、テストケースの数が指数関数的に増加しています。主要な5Gプロバイダーは、ネットワーク上でセルラーデバイスが適切に機能することを確認するために追加のキャリア受け入れテストを求めています。ローデ・シュワルツは、R&S®CMX500ベースのテストシステムにより、5G FR2でのPQA、NPTおよびLBSなどのキャリア受け入れテストをサポートします。すべてのアプリケーションで、きわめてコンパクトなR&S®ATS800R CATRチャンバーが、要求されるOTA測定に使用できます。このビデオでは、キャリア受け入れのテストケースをお見せします。データスループットに関係するモバイルデバイスの放熱です。

6月 21, 2021

COMPRION SIMfony CMX500による5G SA USIM/USATテスト

このビデオでは、R&S®CMX500 5G NRモバイル無線機テスタおよびComprion UT3 USIMシミュレータプラットフォームを使用した、Comprionとローデー・シュワルツの5G NR USIM/USATコンフォーマンス・テスト・ソリューションを取り上げます。このソリューションは、GCF WI-508-NRおよびPTCRB RFT 508-1、ならびにGCF WI-509-NRで定義されたUSAT要件に準拠した5G NR USIMデバイスのコンフォーマンステストに対応しています。この共同のコンフォーマンス・テスト・ソリューションは、GCFおよびPTCRBのテストプラットフォーム227(TP227)に挙げられています。

6月 16, 2021

5Gデバイスのテスト - 10 GbpsのIPデータスループットをテストする準備

R&S®CMX500は、モバイル通信デバイスの製品ライフサイクル全体にわたって生じ得るすべての5Gテスト要件を満足するようにデザインされています。ローデ・シュワルツは、新たな規格をすべて実装し続けています。5Gにおける次の大きな進化の段階は、10 Gbpsのデータスループットの壁を克服して、最高速度での高信頼性接続に対応したデバイスによる、最も困難なサービスのサポートを可能にすることです。R&S®CMX500では、エンドツーエンドのIPデータレートが最高10 GbpsのNR FR1/FR2のデュアルコネクティビティをテストできるようになりました。

6月 16, 2021

5G NRでの音声サービスのテスト - (VoNR)

R&S®CMW500 ワイドバンド無線機テスタとR&S CMX500 5G通信テスタを組み合わせると、モバイルデバイスでの5G音声サービス(VoNR)のテストに必要なものがすべて揃います。IMSサーバーを内蔵しており、5Gデバイスを登録して音声サービスに必要なベアラやQoSフローをセットアップすることができます。仮想ユーザー機器(UE)エミュレーションでは、ループバックモードにおける移動機発および移動機着のエンドツーエンドのボイスコールを確立でき、VoNRファンクションテストを迅速かつ容易に行えます。ユーザーは、それぞれコーデックレートの異なるEVSおよびAMR-WBまたはAMR-NBなどのサポートされたコーデックから選択できます。通話中の音声品質をテストするには、アナライザが必要です。VoNRおよびVoLTE通話中の音声品質測定にPOLQAを使用するため、PESQまたはPOLQAに準拠する最新の手法を使用して音声波形を生成し解析できる必要があります。これを行うために、R&S®CMW500とR&S®CMX500のセットアップをオーディオ・アナライザで拡張することができます。

6月 16, 2021

R&S®CMX500によるエンドツーエンドアプリケーションテストの最適化

他社のエンドツーエンドテストセットアップは、複数の外部コンポーネントで構成されます。これに対してローデ・シュワルツは、R&S®CMX500を開発して革新的なセットアップを実現しました。統合されたソリューションを構築するために、データサーバーおよびツールの全体をテスタに内蔵し、アプリケーションテスト向けに独自の統合型ソリューションを提供しています。すべてのテストおよび測定は、グラフィカルユーザーインタフェース、R&S®CMsquaresにより手動で実行することができます。これは、統合型のシーケンサーツールでテストシーケンスとして構成されます。また、XLAPIおよびSCPIインタフェースによるリモート制御も可能です。

2月 19, 2021

5Gがいよいよ始動 ‐ 5G NRのスタンドアロン(SA)モードのテストに対処する方法

R&S CMX500 無線機テスタは、SAモードの5G NRシグナリング測定を実行するには最適です。

5月 20, 2020

Aircom Internationalがローデ・シュワルツ製品で5G NR/LTEデバイステスト能力を拡大

無線機器テストの認定テストラボであるAircom International, Inc.は、ローデ・シュワルツの5G/LTEテスト用無線通信テスタであるCMX500とCMW500によりテストサービスを拡大しています

5月 06, 2020

5G FR2テスト用のコンパクトなCATR OTAチャンバー

FR2の新しいミリ波ベースの5G周波数でのシグナリング試験には、OTAテストセットアップが必要です。R&S®ATS800R CATRラックベース・アンテナ・テスト・システムは、研究開発でのFR2無線測定用に設計されています。

3月 05, 2020

ダイナミック・スペクトラム・シェアリングを使用した5G NSAシグナリング試験

R&S®CMX500およびR&S®CMW500 無線機テスタとR&S®CMsquares 統合テストソフトウェアに基づいた、ローデ・シュワルツの検証済みテストソリューションは、非スタンドアロン(NSA)モードでのDSSによるシグナリング試験を簡素化します。

3月 05, 2020

2 Gbpsの5G NR最大IPデータ・スループット・テスト

このビデオでは、R&S®CMX500が、LTEアンカーセルと5G NR TDDセルを構築します。これらは4x4 MIMOおよびDL 256QAM変調で構成され、Qualcomm Snapdragon X55モデムによって転送されるTCPデータを使用して、IPレイヤー上で2 Gbpsの最大データ・エンドツーエンド・スループットを実現します。

3月 05, 2020

FR2の5G NSAシグナリング試験

ローデ・シュワルツは、5Gデバイスの開発者向けに、FR1とFR2の両方の周波数レンジで非スタンドアロン(NSA)およびスタンドアロン(SA)のシグナリング試験を可能にする、R&S®CMX500 無線機テスタを用意しています。

3月 05, 2020

ミリ波(FR2)用の最もコンパクトな5Gコンフォーマンス・テスト・システム

ローデ・シュワルツは、FR1とFR2の両方に対応した革新的な5Gコンフォーマンス・テスト・ソリューションを提供します。この人気のあるR&S®TS8980 RFテストシステムの最新バージョンは、5G NRに対応しています。

3月 05, 2020

5G FR2テスト用のコンパクトかつ柔軟なCATRシステム

ローデ・シュワルツは、最もコンパクトなCATRソリューションとしてR&S®ATS1800Cを提供しています。このシステムを使用すると、チャンバーの小さいフットプリントでも大きなクワイエットゾーンで、より大型のミリ波デバイスをテストできます。

3月 05, 2020

Demystifying 5G – Testing dynamic spectrum sharing (DSS) on a device

This video explores testing of an LTE-capable device in presence of 5G NR SSB’s while enabling MBSFN subframes.

Jan 30, 2020

5Gをわかりやすく解説 – DSSに基づく5G NRとLTEの共存

このビデオでは、5G NRとLTEの間のDSSを可能にする技術の基礎を解説します。

11月 25, 2019

5Gをわかりやすく解説 – 5G NRとLTEの共存 – DSSのテスト、パート1

このビデオでは、R&S SMW200A ベクトル信号発生器を使用してMBSFNサブフレームを含むLTE信号の構成をデモします。

11月 25, 2019

5Gをわかりやすく解説 – 5G NRとLTEの共存 – DSSのテスト、パート2

このビデオでは、LTE信号のMBSFNサブフレームを使用して、5G NR信号成分に基づいたDSSを構成して測定する方法を示します。

11月 25, 2019

5Gをわかりやすく解説 ‐ 5G NRのスループットテスト、動的スケジューリング、パワー制御

動的スケジューリングのデータスループットは、5Gデバイスの重要なパラメータで、設計段階で徹底的なテストが必要です。このビデオでは、R&S®CMsquaresの統一されたユーザーエクスペリエンスに基づいて、このような測定を容易にセットアップ/実行する方法をデモします。

10月 04, 2019

5Gをわかりやすく解説 ‐ 5G NR測定とE2Eテストの同時実行

R&S®CMsquaresの新しい高度なユーザーインタフェースにより、R&S®CMX500 無線通信テストプラットフォームを制御して、RFパラメトリックテストとピング測定のようなエンドツーエンドテストを容易に同時にセットアップ/測定できます。

10月 03, 2019

5Gをわかりやすく解説 ‐ R&S®CMsquaresの統一されたユーザーエクスペリエンス

CMsquaresの統一されたユーザーエクスペリエンス・コンセプトにより、5G NRデバイステストを簡素化できます。これをR&S®CMX500と一緒に使用すれば、さまざまな測定作業を結合できます。

10月 02, 2019

5Gをわかりやすく解説 ‐ R&S®CMX500による5G NRデバイステストの簡素化

このビデオでは、ローデ・シュワルツのR&S®CMX500 モバイル無線機テスタを使用して、5G NRデバイスを非スタンドアロン(NSA)モードでテストするために必要なテストセットアップを紹介します。

10月 01, 2019

5Gがいよいよ始動 ‐ 5G NRの非スタンドアロン(NSA)モードのテストの課題に対処する方法

5Gのアクセス手順の1つである非スタンドアロンモードについて詳細に説明します。

8月 01, 2019

5Gがいよいよ始動 ‐ 5G NRのテストの課題への対処

新しいビデオシリーズの最初のエピソードでは、5Gの現状を説明し、テストや測定に関する特有の課題を探ります。また、R&S CMX500 無線機テスタなどの革新的なソリューションを紹介します。

8月 01, 2019

PCTEST社が5G/LTEテスト用にR&S®CMX500を採用

このビデオでは、無線機器のコンフォーマンス/性能/規制テストを行う世界最先端の独立テストラボの1つであるPCTEST社が、5G/LTEテスト用にローデ・シュワルツのR&S®CMX500を採用した理由を紹介します。

7月 23, 2019

GSMA MWC 2019で紹介されたFR1およびFR2での5G NRシグナリング試験

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMAモバイル・ワールド・コングレス2019において、既存のLTEテスト環境にシームレスに統合できる、FR1およびFR2用の統合型5Gシグナリングソリューションを紹介しています。

3月 18, 2019

GSMA MWC 2019で紹介されたFR1およびスタンドアロンモードでの5G NRシグナリング試験

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMAモバイル・ワールド・コングレス2019において、FR1スタンドアロン(SA)モードデバイス向けの5G NRデバイステストに関するデモを実施しています。

3月 18, 2019

Request information

Do you have questions or need additional information? Simply fill out this form and we will get right back to you.

マーケティング・パーミッション

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.